■ プロフィール

haruqoo*

Author:haruqoo*
♡東京都在住
♡B型


♡2006年3月24日生まれの長男
♡2008年3月12日生まれの長女
♡同じ年の夫くん
の4人家族です

大好きなamiami、tikutiku、そして日々のことを綴っています

■ ピクミー**
■ カウンター
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ カテゴリー
■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク
■ RSSフィード
■ ブログ内検索
■ ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ただいま


ただいま帰りました。
久々に下界に出ると、桜が満開になってました。
みなさん、本当に応援ありがとうございました~。m(._.*)m

と、言っても私一人の退院。
おちびはまだ入院中です
黄疸の症状が強く出てしまって、光療法中です。
日焼けサロンみたいな箱の中に裸でアイマスクをして入ってます。
黄疸は誰にでも起こることだし、心配することはないのだけども・・・。
授乳中もアイマスクしてる姿を見ると、なんだかつらくてしょうがないです。
今まっくらな世界なのかな~とか、不安じゃないのかな~なんて。
今日の検査結果が良かったら、明日には退院できます。どうかどうか、無事退院できますように。゜゜(´□`。)°゜
とはいえ、本当に日サロみたいなのでちょっと見ててかわいかったりする。
ちょっとの間離れ離れだけど、退院できるまで毎日授乳に通います。


さて、旦那レポートの通り、本当に大変なお産になりました。
破水してから約29時間かなぁ。その前の微弱陣痛も合わせると約3日間・・・。
入院していた事もあって、かなり精神的にきつかった数日間でした。
しかも思いがけない出来事が次々と起こって、もう何がなんだか分からなくなったりしました。
誘発前の駆け込み陣痛とか、誘発後の破水とか。おちび・・あんたマイペースすぎるよ!
本格的な陣痛が始まっての救急車での移動。
救急車の中をじっくり見るチャンスなのに、痛みで気が遠のいていました。
そんな中、どーみてもじっくり観察している旦那が片隅に見えたり。
朦朧としてくる意識の中、赤ちゃんは本当に無事産まれるのか、もうお腹切るしか方法はありませんと言ってと思った時もありました。
声はうめき声叫び声を押さえる事ができず、水分も一切とれないため口をゆすいでしのいだり。
時計を見て、いつまでこれが続くんだろう、このまま気絶してしまいたいと思ったり。
瞬間意識がなくなっても、またすぐ痛みがやってきて目が覚めたり。
もうこれ以上無理だと思ったとき、「分娩台行こうか」という声がしたのだけど、それすらまだ果てしなく続くんだとしょんぼり移動しました。
だけどそこから早かったです。
いきむのは上手とほめられ、うれしくなってがんばっていきめました。
たくさんの先生、ナースがみんなで「もう少し!もう少し!!」と言っていて
旦那に「ほんとに?」と聞くと、「頭が見えてきてるよ」と答えが。
そこから数回いきんで、24日午後20時46分、3405gの元気な男の子が誕生しました。
産まれてすぐ、看護婦さんにチッコをひっかけた大物っぷりです。
あたしは、カンガルーケアで胸の上にいるあったかい赤ちゃんを自分が産んだ事が信じられない気持ちでした。
ずっとつきっきりで腰をさすったり押したりしてくれる旦那と母(一度二人とも長い事いなくなってすごく怒ったりもした)がいなかったらがんばれなかった。
長い長い数日がやっと終わりました。

次の日から、おちびのお世話開始です。
3時間おきと、泣いた時に呼ばれておっぱいタイム。
お互い不慣れなので、かなり下手っぴ同士で格闘してます。
産後2日目の夜、お世話から自分のベッドに帰ってきて、おちびを心から愛しいと思っている自分に気がついて、やっと涙が出ました。
本当によくがんばったね。
この出産で一番がんばったのはおちびなんだ。
これからもたくさんがんばらなきゃいけないことがあるけど、自分一人でがんばれるまではあたしも旦那も一緒だよ。
まずは無事退院しなきゃ。

それにしても、見事もろりんの誕生日と同じ日に!!(='m')
なんだか当選したような気持ちだわ~。
さて、おちびがいなくて身動き取れるうちに必要用品の買い物行ったりしてきます!

ほんとにほんとに、みなさん長いこと心配をおかけしました。
母子共に(一応)元気です。
スポンサーサイト



出産レポート(代筆)


えーと。ご存知の方も多いと思いますが、数時間前に無事出産できました。
本当に長い1日でした。。

レポート書いとけと言われたので残しておきます。
申し遅れました。私、かじゅの与一がお送りいたします。

時系列的に紹介していきます。わかりにくかったらごめんなさい。
また細かすぎる描写は省略しております。
節々にもいろいろあったんですよ・・・一言では語りつくせません。

違っている情報はあとから修正がはいるはず。

--
3/18 午後入院。午前の診察でタンパクが出たため。
   食生活コントロールのための入院生活開始
   (か)東京→静岡へ移動 
--
3/22 誘発剤点滴予定日
   しかし陣痛が微弱ながら起こったため、誘発剤点滴を延期。
   夜になっても変化がないため、誘発剤は明日おこなうことに。
   夕食は軽くとった。
   日付が変わってから点滴に備え絶食。
--
3/23 06:00 誘発剤点滴開始
3/23 15:00 誘発剤点滴終了。診察。効果なしらしい。
      翌日も2日目の誘発剤を予定。
      きかなくて2日がかりの人が多いんだって。
3/23 16:30 破水した模様(!)
   (か)病院へ。陣痛はぼちぼちだが、進展なし。
   18:00(か)嫁がご飯食べられないので減塩食を食す。
      茶碗蒸しの海老2個も残さずちゃんと食べる。
      注:エビカニアレルギーっぽいので嫌いです
3/23 21:00
   (か)先は長そうだが破水のこともあるので、嫁の実家にて待機。
   もちろんこの日も点滴のみ。絶食。
--
3/24
06:00(か)起床。朝まで連絡がなかった。
   が、嫁は夜から陣痛が強まってきて眠れなかったらしい。
   10分おき位の定期的陣痛。
   (か)朝食をいただくが、海老チリっぽいメニュー。
   残さずすべていただく。ぼく偉い。
08:00(か)様子を見に病院へ
09:00 破水のこともあるため、出産後を考え、感染症検査のことなども考慮して
   動ける今のうちに総合病院に転院することを勧められる。
   総合の方が小児科があるし。ということで。
   (後から考えるとこの段階でのこの判断してくれたのはグッジョブ)
09:30 急いで転院準備。救急車にて総合病院へ搬送。
   すでに陣痛中は痛くて動けないらしいので合間をみて少しずつ救急車にのりこむ。
   救急車内でも陣痛でつらそう。
   寝不足もあり、移動中意識がたびたび飛んでいた模様。
   (か)車内をまじまじ観察(ヲイ
10:00 転院後、検査?そのまま陣痛室へ。
   痛がってはいるが、まだ赤さんが骨盤に入っていないのと、陣痛が弱すぎるらしい。
12:00 この頃はうめき声付の陣痛がかなり増してきた。
   お母様に腰をさすってもらいながら状況が進むのを待つ。
   (か)救急車できてしまったため自分の車を取りに戻る。
13:30 (か)病院に戻る。
   お母様とさすり役交代。
   指圧がつらい。指がおかしくなってくる。
   押してる方もツライ。が、本人が一番ツライはず。
   陣痛がやはり弱い模様。
   聞いてる側としては既に相当痛そうなんだけど。
   定期的にくる陣痛に合わせて痛み逃し。
15:00頃
   陣痛が弱いため、促進剤を点滴。
   その後陣痛がさらに強まる。本人かなりきつそう。
   ついに本当に本当の陣痛に入ったのだろうか。
   しかしどうにもゴールがみえてこない。。
   進展がないので本人もさぞ辛かろうに。。
18:00頃?ようやく少しずつ骨盤に入ってきたかも?
   本人かなり疲労困憊。
   絶食、眠気、長く本格的な陣痛などで、そりゃ疲れますわ。。
   少し弱気な一面もみられた。超がんばれ。
   今までより少しずつ前進しているのだから。
   このあとくらいから助産婦さん?が付きっきりでいろいろ指導。
18:30 先生からもう少しでいけるかな?という状況報告。
19:30 どうやら分娩についてどう息むかの指導が始まった模様。
20:00 ついに分娩室へ移動。息みはじめる。
   待ちに待った分娩。
   ようやくここまできたこともあり、ゴールがみえたことで気分が楽になったのだろうか?顔色はわりと良さそうだ。
   分娩に入ってからは比較的順調に進む。
   おいさんは手をたまに握ったり見守ることくらいしかできず。
   あとは汗拭いたりうちわで扇いだり。なんとも無力。
21時前くらいに無事男児出産!3400gくらい。
   感染症の心配は現時点では大丈夫そうとのこと。

母子ともに健康です。
--

というわけでなんとか無事出産を終えました。
想像をはるかに上回る陣痛。
そしてなかなか骨盤へ入ってきてくれなかったこと。
前日からなかなか休めず、体力的、精神的にも限界。
3/24 出産当日に関しては、ほとんど終日うめきっぱなし。
このままでは帝王切開か?正常分娩は無理か?と本人も弱気になる一面も。
しかし、みんなで一生懸命励まし、本人も見事それに答えてくれました。
生まれた瞬間は、がんばった嫁の姿を見てホロリときてしまいました。
これからはパパママとして更にがんばっていこうと思います。
皆様には大変ご心配をおかけしましたが、無事です。
また元気になって復帰すると思いますのでどうぞそのときをお楽しみにvv



まだまだ~


ケータイから投稿です☆
投稿できても見れないのが悲しい(>-<#)

どうもうちの子、お腹のなかが良いみたい。
重い腰の痛みを感じても、のんきにしゃっくりしてるので、こりゃ出てくる気ないわね!となかばあきれ気味のあたしでした。
旦那も朝いくら起こしても、ご飯で釣らないと起きないので、この子も誘発でもしないとその気にならないのかもです(@_@;)
昨日今日で入院してきた人が、ぽこぽこ産んでてちょっとうらやましい!

今日は旦那が様子見に来てくれました。
でも帰っちゃうと寂しさに襲われてしまうのです。やっぱりみんな同じ場所に帰れるって大切なことだなぁと思ったり。



入院


健診に行ってきました。
タイトルの通り、入院してきます~。
16時からだってことで、ちょっと時間があってよかった(´▽`)

えーと、さっきの内診で子宮口が開いてきてるってことで。
あとは陣痛を待つのみなのだけど、今日尿たんぱくが出ちゃって・・・。
念のために入院してくださいということになったのです。
おちびは今3600gくらいだそうです。頭と足の長さは普通だから多分大丈夫だと思うけど・・・。
入院してレントゲンとったりするらしい。
うおーちょっと不安だし、ものすごく暇そう。
このまま今日陣痛が来てくれたら楽なんだけど、どうかな~
頼むよ!おちび!!
内診でぐりんぐりんされたら、なんかもう下腹部が痛くなってしょうがなくて。
このまま陣痛になってしまえ~!と思うのだけどね(・・;)
自然に陣痛が来なかったら、22日に誘発します。
なんだかどきどきしてきました~。

ということで、今から入院の仕度して行って来るよ!!
無事すっぽり産まれる事を、みなさん祈っててくださいね♪



卒業式


今日は姪っ子が小学校の卒業式です。
昨日嵐だったので、心配してたのだけど晴れてよかった~。
しかし早いな~・・・。
あんな小さかった子たちがどんどん成長していくのを見てると不思議なかんじです。
姪っ子sの中で一番おちびの子は、今度3年生。
ものすごい末っ子根性でわがまま娘だけど、まだまだ子どもでかわいいもんです。
今も外で縄跳びして遊んでるし(='m')
こんなに成長が早いなんて・・・やっぱりおちびが産まれたら、ちびっこのうちにいっぱいべたべたしとかなきゃ。
そのうち反抗期とか来るとき用に、なんか弱みを握った写真とか撮っておこう。

さて、毎朝「今日は陣痛くるかな~」と期待しながら起きる日々です。
お腹はおへそ下がぽっこりしたような気がして、ちょっとドキドキしてます。
ただ肉がついただけってオチだったらどうしよう・・・。
お腹が痛くなった時も「もしかして!?」なんて期待して、トイレですっきりしちゃうとトボトボ出てきたりしてます。
みいやが妙に落ち着かないときがあって、「みいや、もしかして産まれるの!?」とか期待してたら、母に「春だから落ち着かないだけだよ・・・」とあきれられる始末。
ママンそろそろビアのCMに我慢できなくなってきたよ・・・。出ておいでよう。




満月


前回書いたように今日は満月です。
いまだ「今日陣痛来ないかな~」なんてあわーい期待を抱いちゃってます。
新聞でチェックしたところ、今日の大潮は6:22と18:22(あやふや・・・)
もちろん、今朝はいつもと変わらず
次は夕方だ!!なんてまだ期待を捨てきれないのだけど、多分何も起こらないでしょう
お腹の位置はだんだん下に下がってきました。
でも「え?張りってなぁに?」てな位、お腹が張ってくれません!(=TェT=)
のんきにしゃっくりをしたり、ドカドカぱたぱたもそもそしてます。
旦那にも話したのだけど、うちらの子だから直前に「あ、やっばい遅れる~」って慌てて出て来そう・・・。
それでも予定日まであと16日かぁ。もう少しだなぁ。
あとは入院の荷物をちゃんとまとめるだけです。(陣痛が来たら再チェックすればいっか~と思ってる

今日はこれから、友達の家でいただいた柚子で柚子味噌作りをする予定。
柚子味噌おいしいよね~(*/∇\*)



あれから2週間後


健診に行ってきました。
なんだかんだで週2回くらい病院通いしてるわね。

体重増加もなく、血圧も下がってきて順調!!
良くがんばってるよあたし(*/□\*)
おちびのほうも、3100~3400の間で特別巨大児てわけでもないと言ってもらえました。
土日連続でまた出血があったのだけど、おしるしと思って良いみたいです。
ただ内診してもらった結果、まだ赤ちゃん遠いね~ってことだったので・・・。
ご対面は先っぽい
豆知識
おしるしとは、少量の出血でもう少しで赤ちゃんが産まれるかも~というお知らせです。おしるし後すぐ産まれる人もいれば2週間後とかの人もいます。
( ´△`)あぁ・・・。前回書いたように15日の満月の日にもしかしてっなんて思ってたけど、まだ先かぁ。残念。
おちびはお腹の中がまだ居心地いいのかな~。

それにしても、この2週間を振り返ってみると。
あのまま総合病院の言われるがままにならなくて良かったと心から思います。
実は今日、総合病院のほうの定期健診の日でもあったのです。
もちろん行く訳もなく。
あのまんま、「もうやれることがない」と何もしてなかったら、間違いなく帝王切開を受け入れるしかなかった。
もちろん今だって可能性がないわけじゃないけれど、努力してるこの2週間はあたしにとってはとても大きなものでした。
今日の健診で、やっと個人病院のほうで母子手帳に記入してもらえて、それもうれしくて・・・。
やっと安心です。
引き続き、おちびが出てきたくなるまでがんばるよ!!





なんとか


今日も健診の日でした。
経過が悪かったら入院することもあるからね~と言われていたのでビクビク。
なんとか無事家に帰って来れました
おちびも元気で、推定体重もこの前と同じくらい。
頭の大きさも9cmと普通くらいのようです。よかったよかった。
ほんと早く会いに出てきておくれ~。
来週の15日が満月なので、もしそれくらいに陣痛来たらおもしろいなーなんて思ってます。

実家生活のほうは、ほんと修行中みたいな生活。
朝6時半に起き、朝ご飯、洗濯、家中の床拭き雑巾がけ、庭の草むしり・・・。
そんなこんなで午前中が終わり、お昼を食べたら1時間のお散歩。
夜は22時にはねむーーーくなってきて、寝てしまう事が多いです(≡д≡)
それでも2時間おきくらいに目が覚めるから寝た気がしない!!
超健康的なのだけど、あきてきたー・・・。
今日は手芸屋さんでいろいろ物色してきたので、おむつポーチでも作ろうかね。



少しだけ


昨日、大切なお友達からとても素敵なプレゼントをいただきました。
今日母がいなかった時間にやっとじっくりじっくり聴けました><
もぉ耳から離れさせましぇん!!('-'*)♪
ほんとにありがとうね

ということで、とっても元気になって健診に行って来ました。
もう総合病院のほうに行くつもりはないので、その意思も伝えました。
食事の量も少ないはずだし、間食も一切してなくて、ものすごいがんばって動いてるんだけど、なぜか体重が増えていやがりました・・・
1週間たまった○んこのせいか!!!
NSTという赤ちゃんの心拍数?のグラフをとったのですが、おちびはいたって健康の様子。よかった~(´▽`)
内診では、子宮口(?)が下がってきてますねということで、まだすぐ産まれるというわけじゃないけど良い傾向みたいです。
じつは、2日前におしるしかな~と思うことがあったんだけど、それは違ったみたい。残念。
おちびは3400gくらいだそう。大きめだけどもうすぐ37週だし大丈夫でしょうとのこと。
これまた(´▽`)ホッ
もちろん最終的には帝王切開の可能性もありますが、自然分娩の方向でいけそうです!
なんとか、個人病院のほうで面倒をみてくれそうなので一安心。

あたしの大きなストレス原因でもある母を、今日は先生とのお話に付き添わせました。
あたしが何言っても否定する人なので、直接聞いたほうが早い・・・。
その後案の定喧嘩になりましたが、少しだけすっきりしました。
まだまだ母問題は、産み終わったあとも続くけれど・・・なるべく気にしないようにしなきゃ><


そんなわけで、今日はあったかくて風もなかったので散歩に海まで行きました。

umi


家からすぐ目の前の海。
砂浜を歩くだけでも結構つかれる~。
小さい頃の遊び場でした。貝殻拾ったり、堤防から飛び降りる遊びしたり。
1時間くらい歩いて帰りました。
あったかくなったから、海お散歩を毎日しようかな。風あるとつらいんだけどね。

家に着くと、何やら隣の家の庭でまったりしているみいや発見。

miiya


これまた少しだけ、久々に和んだ瞬間でした。



結論出ず


病院に行ってきました。

今後どうすべきかの結論は結局今回は出ませんでした。
7日にまた健診に行って来ます。そこで方向は見えるのかしら・・・。見えますようにTT

まず、血液検査の結果。
妊娠糖尿はなかったです。良かった・・・。
あの医者調べもしないで決めつけてきたので、( -д-) ペッという気持ち。
その代わり鉄分が少ない+貧血気味だということで増血剤を処方されました。

次に、予定日の再確認。
初期の超音波写真と最終月経で判断してもらいました。
結果、1週間早い3月31日だとのこと。
なんで4月6日にしたのかな~なんて先生はつぶやいてました。
つまり今36週ということです。
なので、←の予定日も変更しました。もう臨月じゃないか!

次、赤ちゃんの大きさ。
やっぱり大きいには大きい><すくすく成長を続けているようです。
だいぶあたし凹んでたので、おちびも影響受けてしょんぼりしてると思いきや・・・。
のんきなお子だわ!(≡д≡)

100%帝王切開ではないということですが、骨盤の大きさや子宮口の硬さつまり出口と赤ちゃんの大きさのバランスを見てみないとなんとも判断できないようです。
自然分娩GOサインの判断もできないようで、結局この病院にお世話になるかどうかも先延ばしです。
次回内診と赤ちゃんの心拍テストをします。もし帝王切開をすすめられたら、例の総合病院ではなく別の病院を探すつもりです。
この個人病院で見る自信がないという話なら、紹介もしてくれるんじゃないかなーとちょっと期待したり。


ここのとこ、いろんなサイトで赤ちゃんが大きい事例を見て回ってました。
うーん・・・普通に結構あるのね。
帝王切開というケースは、自然分娩を試みてそれでもだめだったら!というパターンが多かったです。
大抵の方が自然分娩を普通に選択していました。早く産まれるよう努力したりね。
今日も、隣に座った方に話し掛けられ、赤ちゃんが大きくて・・とあたしがしょんぼりしていたら、「あたしは38週で3500gもあるって言われたのよー!早く出したくって!」とあっけらかんと言いました。
3人目なので大きくても平気?らしいんだけど、なんかちょっとだけ希望が見えたような。
「とにかく動いて、早く出すようにするといいよ」って教えてくれました。
あたしなんでこんなに不安なんだろうと考えてみたら、やっぱりあの医者だな・・と。
出来る事は何もないということと、訴訟やら医療ミスやら言ってきたからだなーと。
だって、まだ何の検査もしてないのに!骨盤のレントゲンだって取ってないし、NSTだってしてないのに帝王切開を決め付けるなんて絶対おかしい。
あんたが楽なだけでしょ!このヘボ医者!と言ってやりたい。
今すぐにでも訴えてやりたいよという怒りがフツフツと湧くのでした。

というわけで、今日もがんばって動きます!!
あたしの雑巾がけのおかげで実家の床がきれいです(='m')
おっぱいマッサージも始めてみたら、なんと分泌液のようなものが出たりして。
身体は確実におちびの母親になる準備できてるんだなーと思いました。




やれること


みなさんの励ましの言葉、本当に支えになります。ありがとう(=TェT=)
まだまだ結論は出ないけれど、やれることだけはやっておきたいと思います。

これからあたしに出来る事は、ちょっとでも早く出産できるように努力する事。
具体的に言っちゃえば、おちびの頭が骨盤に入るように動く事です。
しゃがみこむ体勢が良いみたいで、雑巾がけしたり草むしりしたりスクワットしたり・・・。
おっぱいマッサージも子宮が収縮するから良いみたいです。
ほんとはしゃがみこむのもマッサージも36週以降じゃなきゃだめなんだけど、もう始めちゃって!と個人病院のほうの助産師さんに言われました。
ほんとちっちゃな努力ですが、あたしができるのはおちびが「そろそろ出とくか~」って動いてくれる手助けをするくらい。
あとはおちび次第なのです。
あたしもがんばるから、がんばって早く会いに来てね。

明日個人病院のほうに行ってきます。
前回血液検査をしてもらってるので、もしそこで何かあったら話は全然変わってきちゃうのだけど><
あとは今までの超音波写真を見てもらい、週数が正確か判断してもらいます。
多分合ってると思うんだけど、もしかしたら2週間くらい予定日が早いのかもという話なので。
どういう結果になるのかな・・・。
なるようにしかならないよね。気持ち落ち着かせて行って来ます~。




2択


昨日は健診の日でした。

里帰りをして2回目の健診。
結果を先に言ってしまうと、帝王切開で産むべきだと先生の判断がありました。
理由は赤ちゃんが大きすぎて出て来れないかもしれないということ。
現在34週で3000gをこしているとの診断されました。
でもね、当然普通にお産できるものと思っていたあたしは、先生に普通分娩したいんですと言ってみたところ、ものすごい剣幕で医療ミスと訴訟の話をされました。
何でそんな話に~?と思うのだけど、まとめてみれば「こちらは安全を考えて帝王切開をすすめたんだから、何かあっても医療ミスだとか訴訟をされたら困る」という見解のようでした。
あたしが聞きたいのはそうではなくて、少しでも可能性があるならば何かできることはないのか、残りの1ヶ月をどう過ごせばいいのか。
帝王切開をすすめる数々の理由は何なのか、納得いくように説明してほしかった。
うちは母親が糖尿病なので、それが原因だとのこと。
あたしの血液検査もしないで、さらにあなたも将来必ず糖尿病になるんじゃないのと軽く宣告され・・・。
例えそうでも、じゃあ赤ちゃんにどんな負担があるからとか危険があるからとかそういう話にはならず。
あげくこの9ヶ月間すべてが無駄だったくらいに言われ。
結局質問しても訴訟の話に戻され、あきれ果てたあたしは「白い巨塔の世界ですね」と失笑して出てきました。
次回2週間後の健診で、帝王切開か決めてすぐに入院してもらうかもしれないと言ってました。
すぐ入院になるのに、その説明もなし。
この先生、総合病院の院長さんなのでそういうことしか頭になかったのでしょうね。
正直、悔しくてしょうがないです。


その足でそのまま、別の個人病院に行ってきました。
理由も全部話し受診させてもらえました。本当は紹介状とかがないと無理なんでしょうが><
診察室に入ると、東京のときとも総合病院とも違って、先生と助産師さんがみんなで話を聞いてくれました。
今のおちびの状況、34週のエコー写真診断は他の週より幅があり推定体重の判断が難しい事。(結局ここでは2600~2800gでしょうということでした)
帝王切開をすすめた理由であろう事を資料を使って丁寧に説明してもらいました。
自分のとこの患者じゃないのにね・・・。
助産師さんの「1週間でもやれることをやったら全然変わる、これからがスタートだよ」という言葉に、ボロボロ涙がこぼれました。
お腹を切る事がいやじゃないんです。
おちびが安全ならどんな手段でも構わない。
ただ、あのままあの先生の言う事に従っていたら、絶対一生後悔すると思う。
この出産をすべて否定されたような間違っていたように思ってしまう気がしてしまうかもしれない。
小さい町なので、産婦人科はこの2つしかありません。
帝王切開になるなら、おそらく総合病院に行かなくてはならないと思う。
でもやれるだけのことはやりたい。
初めて見る世界は、みんなが心待ちにしている愛情いっぱいの空気であってほしい。
それはあたしのエゴでしかないのかしら。
安全性を一番に考えて、このまま総合病院で受診しつづけるか。
結果総合病院で切る事になっても、できるだけのことはやり可能性にかけ、個人病院でがんばるか。
あたしにとって今が勝負時、究極の2択です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。